スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生煮えの国民的議論


討論型世調で原発ゼロが46.7% NHK 8月22日

 討論型世論調査は、専門家が作成したバランスのとれた討論資料の学習に続き、小グループに分かれての国民同士の討論や、全体会議における専門家への質問を繰り返すことにより、熟慮の結果として国民の意見がどう変化するかを把握する点に特徴があるらしい。

 調査の内容や報告書は政府のホームページ(以下参照)で公開されている。

エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査ホームページ
調査報告書(PDFへのリンク)

 討論後の結果は上記の通り、ゼロシナリオの支持者が46.7%と最も多くなった。ただ、注意しなければならないのは、参加者に与えれた情報が不十分なうえに、討論時間も短かかった(3時間)ということだ。

 信じられないことだが、討論後でも参加者の8割は京都議定書のCO2等の削減義務の比率(90年比で2008~2012年の間6%)すら知らないのだ(調査報告書69P参照)。削減義務の比率が26%もあると考えている参加者がなんと5割以上もいる。

 3つのシナリオはどれも2030年のCO2削減率が25%程度と大きく、そのため特にゼロシナリオはCO2削減のための負担が大きくなっている。ゼロシナリオを選択すると生活が苦しくなるということがこれでもかと書かれている。

 それでもゼロシナリオの支持者が46.7%と最も多かったのだが、参加者がそもそも事実として2030年のCO2削減義務など一切ないということを知っていれば、ゼロシナリオの支持率はもっと増えていたことだろう。ゼロシナリオで示された負担は2030年のCO2削減率25%という前提を外せばかなり軽減するからだ。

 参加者の知識が不十分なことにつけ込んで、シナリオ作成者である政府は選択を誘導しているのだ。そうした誘導がありながらも原発ゼロが46.7%となったことを重く受け止めてもらいたい。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:悟空
原発の闇を訴えるブログ。未来の子供に核のゴミのないきれいな日本を残したい。コメント等ご指摘大歓迎です。
私が即時原発ゼロを主張する理由はコチラをご覧下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。